会員紹介

このエントリーをはてなブックマークに追加
 私も師籍三十年となりますが、二十年以上もの長きに渡り私を支えてくれている
お名取達、延樹会三本柱のご挨拶です。
三人は国立劇場でのお舞台にも挑戦いたしました
これからも楽しく学び素敵な人生にしていってください。

泉 芙未樹(いずみ ふみじゅ)
平成元年私は泉延樹師匠の門下となり二十六年と言う年月が過ぎました。
日本舞踊と言う世界すら知らずに師匠と諸先輩の方々の舞台を見せて頂いて感激をして、私自身はひたすら
お稽古に励み発表の舞台に立たせて頂くと言う充実した日々は私の一生の宝物だと思って居ります。
日本の伝統芸能である日本舞踊の素晴らしさを私の体に教え込んで下さり支えて下さった延樹師匠と
諸先輩の方々には本当に感謝して居ります。
これからはお名前を頂いた責任と一人でも多くの方々に日本舞踊の素晴らしさを知って頂ける様に伝え続けて
いく事が私の使命であると思って居ります。日本舞踊は素晴らしい!! 


泉 杏樹(いずみ あんじゅ)
 初めまして、泉 杏樹です。
私は今とても楽しいです!日本舞踊をやっていてほんとうに良かったあ!と心からそう思えるからです。
延樹先生から教えていただく事は沢山あります。
踊りの技はもちろんですが、礼儀や感謝という、人間力にかかわることも多くあります。
お稽古が終了し、一息入れる時や会の反省会などで先生のお話しを伺う事が何より楽しみな私でした。
ずっとこれからも楽しく続けていきたいと思います。
才能とは持続する情熱の事と聞きましたが、大好きな日本舞踊への情熱ならばこんな私にも多いにあります。
この情熱を継続させて先生や延樹会、そして自分の為に日本舞踊の技を磨き心を磨きお仲間の皆さんと
支え合って頑張っていきたい思います。
これからもよろしくお願い致します。

泉 真樹 (いずみ しんじゅ)
 五十の手習いで初めて日本舞踊を素晴らしいお師匠さんと素敵なお仲間と共に日々楽しく
お稽古しております。
踊りは年を重ねる毎に衰える脳の活性化を図ることができ、舞踊家さんの舞を観せていただいたり芸の話を
している時が至福のときとなります。
平成二十六年には「泉流の宗家・家元の襲名披露公演」の晴れがましい舞台に立たせていただき仲間と共に
貴重な体験をすることができました。
介護施設での踊りのボランティアも義母がお世話になっていることがきっかけで始め、
高齢者の生き生きとした笑顔を拝見し微力ながら貢献出ている喜びを感じています。
延樹会も今年度は種々の活動計画がありますので、和を持って輪を広げ好きな踊りを続けられる幸せを
健康維持と感謝を忘れずに精進していきたいと思います。

泉 志樹(いずみ ゆきじゅ)
 私はこの度、「泉 志樹」のお名前を頂戴する事ができたのは、ひとえに延樹先生を
はじめ諸先輩方のおかげであり心より感謝申し上げます。
私は本当に覚えが悪く、本番の舞台で間違えたり緊張で表情が硬かったり、お稽古では何度も何度も
同じ所を間違え、迷惑ばかりをかけていると思っておりましたが、延樹先生は嫌な顔一つもせずに
丁寧に何度も、ご指導して下さいました。
先輩方は知らない事やわからない事が多い私に、いつも優しく何でも教えて下さいました。
素晴らしい先生と素敵な先輩方と出会えたおかげで、もともとお名取りになりたいと思って入門しましたが
今ではその思いはもっと強いものになりました。
しかしその強い思いとは裏腹に、踊りはなかなか思うようには上達できておりません。
 これからも泉の名に恥じぬよう、延樹先生の弟子であると胸を張って言えるようにする為にも、
今後も稽古に精進して参りますので、何卒ご指導の程、宜しくお願い致します。


泉 澪樹 (いずみ みおじゅ)*鈴木寧音さんおめでとうございます

  • 連舞会の後直ぐに「寧音ちゃん」が名取試験に合格致しました。
    学校との両立で大変かと思いますが、これかれもお稽古に励んで頂ければと思います。
    泉 澪樹さんの国立劇場での初演舞を期待しています。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です